2021年08月11日

佐渡ヶ島。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村




​佐渡ヶ島は新潟市からフェリーで2時間半、
ジェットホイルで70分で行ける日本で3番目に
大きな島です。

ちなみに2番目は国後島、1番大きな島は
択捉島だそうで。


9A6D837C-062F-4D15-B9C7-B02057038D36.jpg


国後、択捉はどちらもいつか
訪れてみたいですね。
ロシア料理を食べながら海外旅行気分に浸れ
そうで興味深々です。


8884AA9C-71F1-40EF-9121-9FF203641616.jpg


佐渡ヶ島、近いのに離島なのでなかなか
行けませんが
佐渡沖の海産物は市内のスーパーによく並び
旬のものが味わえます。



ADB7CBD3-6976-4F59-B2B3-AD79729935C4.jpg


佐渡産サザエが
ひとつ66円で買えました✌︎

焼いてみるといい味^ ^ 当たりです🐚


53704BDF-0068-4DC4-AA18-7615EE082076.jpg


佐渡の黒​バイ貝も安価で買えました。

昔は気にしなかったのですが
一応つぶ貝と同じく唾液腺はとってみました。
くるんとした内臓部分が好きなのですが…

少し食べる分には問題ないとは思いますが
どうなんですかね?



貝をつまみながら呑む、幸せです♪



458139DC-9D9A-44ED-9473-DEE927B3222F.jpg


このイカは6月に実家のベランダでバーベキューをした時、6年生の甥っ子が修学旅行で
佐渡で体験学習で作ってきた一夜干しを
焼きました。


56E1362A-D894-45CB-8B06-AA67FCB5869B.jpg

甥っ子が丁寧に焼いてカットし七味マヨを添えて
くれました^ ^ 程よい塩加減に柔らかなイカで
旨うま。最高のお土産なのでした。


4B864452-E136-4F34-B52F-ED63ACA1C39F.jpg


​このところパパとふたりで夜は低糖質な
食卓なのでずいぶんとお寿司は食べてません。


佐渡の海産を扱うお寿司やさん
「弁慶」は昨年末から何度か食べてみて、その
ネタの鮮度の良さに北陸に居たわたしたちは、
とくにパパは新潟も美味しい!
と驚いていました。



DB18C945-A553-41D3-B9C6-CBE217E44696.jpg


父母を連れて、新潟にもできた近くの
函太郎寿司にも行ってみましたが、サービスは
とても良かったです。

ですがコスパ、味ともに弁慶の方が好み
でした。佐渡沖で採れるたこや南蛮エビ、のどぐろは人気のようで品切れになることも
多いそうです。


0EA7626B-54CB-4224-93CD-2A6E382DDFFE.jpg

先週と今週で水族館へ行ってきました。
マリンピア日本海と、遥々と上越まで遠征して
うみがたり。


CEEC009A-3183-4923-9745-45CED62B3DCC.jpg
珍しい金色のオニオコゼ。突然変異だそうですがおめでたい色ですね。


​リニューアルしてからずっと行ってみたかった
上越水族館 うみがたり。

美しくコンパクトに整備されていて子どもたち
もイルカショーや水槽トンネルを楽しんで
いました。とてもいい時間が
過ごせましたが、イルカが連続で亡くなって
いるのが気になります。

 
EA9922A8-D6E0-46BD-8DA7-4547E4BBE76F.jpg


水槽が狭すぎるという指摘もあり
ピラルクや海亀がいた昔の方がよかったという
意見もあるようですが
わたしはとてもきれいな水族館だと思いました。



DABA1556-51F1-413C-A66C-F85B71889FBD.jpg
またキンパを巻き巻き。野菜たっぷり、
母やわたしの好物です。


久しぶりのハーフ&ハーフ。


FE7BD30E-DD47-44C1-AE05-27BDC3E21044.jpg
キッチンで調理&晩酌風景。


​採れたての茗荷をどっさり貰ったので
ちょろっとの白だしにつけて、冷やして
おいたものに鰹節をちらして(旨)それと業スー
のお気に入りカクテキ。


けれどハーフ&ハーフには全く合わなくて、
このあと粒マスタードつけたウインナー
つまみました。



posted by エリー at 11:56| 季節のレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする